三国志8攻略サイト

城  批評(レビュー)  城

はじめに

この批評(レビュー)は、まだ三国志8をプレーしたことがない方のために、ゲームの概要と個人的な批評を紹介したものです。

購入の参考になさる方は、人によって違った楽しみ方、違った評価があることを理解した上で、お読みください。既にプレーされた方は、お読みになる必要はございません。

批評(レビュー)

三国志8の醍醐味といえば、全武将プレーと全年代プレーの2つに尽きます。

三国志8で初めて導入された全年代プレーは、とにかく素晴らしいです。三国志8では1年刻みでシナリオが選べるため、三国志演義ファンなら少なからずあるお好みのシーンをピンポイントで選択することができます。しかも、どこから始めてもオープニングでそれまでの経緯を説明するアニメーションがあり、さらに、その年代の出来事で中心となる君主には、評定でのやり取りも用意されています。このオープニングをシナリオ順に見るだけでも、三国志演義という物語の面白さが存分に伝わってきます。

ただ、これだけオープニングが丁寧に作られている反面、プレー中に起こるイベントは少な目です。同じ武将プレーの太閤立志伝では、主要な武将には次々とイベントが発生したものですが、この三国志8ではオープニング以外ではほとんど固有イベントが用意されていません。このバランスの悪さが、盛り上がりに欠ける原因かも知れません。

次に、全武将プレーで重要となる身分とその役割ですが、身分ごとにコマンドに特徴があるので、出世を目指す楽しみ方が味わえると思います。城を持たずに兵力をそなえた放浪軍という存在も、三国志演義における劉備や呂布の状況を上手く再現しています。君主プレーに飽きた方には、面白いシステムだと思います。

全般的に難易度が低く、行動も自由なので、君主を操作して最短で統一を目指す従来のプレーよりも、あえて低い身分でじっくりとプレーしたり、あえて反乱を起こして困難な状況を作ったりして、プレーヤーなりの楽しみ方を見つけると面白いと思います。

三国志8は、単にシミュレーションゲームが好きな方よりも、三国志演義のストーリー、もしくは武将が好きな方向けのゲームだと思います。

- おすすめ度 -
★★★★☆


おすすめソフト

三国志10   おすすめ度★★★☆☆  (攻略サイトあり)
三国志7   おすすめ度★★★★☆  (攻略サイトあり)
太閤立志伝Ⅴ おすすめ度★★★★★  (攻略サイトあり)
三国志8の攻略内容

批評(レビュー)

みんなの評価

身分とコマンド

おすすめ武将

おすすめ未発見武将1

おすすめ未発見武将2

おすすめ未発見武将3

武将ランキング

新武将登録

君主プレー

都督プレー

太守プレー

軍師プレー

一般プレー

反乱プレー

育成プレー

最強の兵科は

最強の戦法は

裏技・小技集